TDL新パレード「ドリーミング・アップ!」の内容・見どころからベストポジション、撮影のコツまで大公開!

東京ディズニーランド(TDL)では2018年4月10日(火)より、新しい昼のパレード「ドリーミング・アップ!」が公開されましたね!

デイタイムパレード「ドリーミング・アップ!」は、ミッキーマウスをはじめ、「ファンタジア」「美女と野獣」、空を舞う「ピーター・パン」、初登場の「ベイマックス」などのディズニーの仲間たちが登場!

5つのユニット、13台のフロート(キャラクターが乗る乗り物)で、華やかなパレードを繰り広げます!

また、 2018年4月15日(日)には、開園当初からの人気アトラクション「世界で一番幸せな船旅」を体験することができる「イッツ・ア・スモールワールド」が、約1年間のクローズ期間を経てリニューアルしました!

ディズニー映画に登場するキャラクター約40体を追加されます。

このページでは、新パレード「ドリーミング・アップ!」について詳しく解説しています。

「ドリーミング・アップ!」は、株式会社NTTドコモが提供しており、かつて公演していたパレード「ハピネス・イズ・ヒア」は、2018年4月9日(月)をもって公演を終了となりました。

また、2018年のディズニーイースターは、ディズニーシーで「ファッショナブルイースター」として開催されています。

ディズニーランドでは、イースターのイベントはやっていないので要注意です。




このパーレドの見どころは?

・ミッキーマウスとプルートが乗るペガサスのフロート

ミッキーとプルートが雲の上へと飛び立つ船を操り、魔法の帽子とペガサスがあしらわれたフロートが登場し、夢の世界がスタート!
続いてグーフィーが、アリスやピノキオのフロートを先導します。

・パレード初登場となるヒロを乗せたベイマックスが登場!

・宙を舞うピーターパンとウェンディ
このパレードの一番の目玉は、中に舞うピーターパンとウェンディです。このシーンは既にインターネット上でも大きな話題になっていますね!




今回のパレードはフロートのギミック(仕掛け)が全体的に多い!

私自身、過去のパレードを何度も見ていますが、今回の作品はフロートによる仕掛けが多いのが特徴です。

公園時間は約40分。

人気な主要キャラクターは、それぞれ分散して登場しますが、一部のキャラが「えっ?徒歩なの!?」というシーンがありますので、それらのキャラクターが好きな方はなるべく前の席を確保すると良いでしょう。

「ドリーミングアップ!」のルートを事前に確認しておくことが望ましいです。

メインキャラクターは分散して登場

メインキャラクターがばらけて登場してします。

・ミッキーマウス&プルート

・グーフィー

・ミニーマウス

・チップ&デール

・ドナルドダック&デイジーダック

がそれぞれ分かれて登場するので見ている飽きる暇がありません。

過去作品の場合に、ミッキーたちはどちらかというと過去にまとまって登場してきましたね。




パレードの場所取りのおすすめ場所と、パレードのルート

パレードの導線は、今までと同じ定番のルートです。

具体的なルートはこちらを参照してください。(※別ページに飛びます)

2018年 4月11日(水)、4月12日(木)は平日だったため、さほど混雑しませんでしたが、4月14・15日(土日)は入場規制が事前に予想されているほどです。開始1〜2週間は数時間前から場所取りをしないと、ベストポジションの確保は難しいでしょう。

なるべく平日に行かれることをお勧めします。

 

「このあたりで場所取りをしよう!」と前もって決めておかないと、当日バタバタしてしまいます。

ベストポジションは、シンデレラ場周辺です。

この付近は、300mm程度の望遠レンズで、フロートやキャラクター達を上手に引き寄せて撮影することができます。

私が4月12日(木)に行った際は、抽選になっていませんでしたが、今後シンデレラ城周辺は抽選場所になることが予定されています。

抽選エリアで「ドリーミングアップ!」が見たい場合は、ぜひ抽選に参加しましょう。

トゥモローランドホールで抽選に参加する、あるいはスマートフォンのアプリから参加できます。

抽選は毎回高倍率ですので、こればかりはどうすることも出来ませんが、開始時間数時間前から、抽選場所に近い場所を狙って確保するのが良いと思います。

ディズニーシーは、ショーキャラクターが遠く離れていることも多いので、換算400mm〜500mm程度必要な場合も多いですが、ディズニーランドのパレードは、300mmあれば、十分キャラクターを引き寄せて撮ることができます。

なるべく絞りを解放ぎみ(F値が小さい)で撮ると、背景がぼけるので、美しい仕上がりになりますよ!




写真撮影のポイントとコツ

本作のパレードは、ピーターパンやウィンディが比較的高い位置まで上昇するので、最前列ですと、大きく見上げなくてはなりません。

また、最前列の場合、広角レンズにしないと、全体が写らない可能性が有りますので、少し離れた位置から中〜望遠レンズを使うと、綺麗に収めることができます。




ディズニー35周年を1日楽しむためのスケジュール

15日(日)以降の平日は、若干のゲスト増加が見込まれますが、休日ほど混雑はしないため、柔軟に動くことができるでしょう。

一方で、当分の土日・祝日は、入場規制も予想されており、何をするにも身動きができない、最悪の場合はショーを見るだけで精一杯の可能性も考えられます。

 

そんな中でも、効率よく動くためには、事前の計画がとても重要になってきます。

35周年のショーやイベントを見逃すことなく、楽しめる1日のスケジュールを立ててみましょう。

そのためにどんなショーやイベントが開催されるか知っておきましょう。

 

「ドリーミングアップ!」など、キャラクターやショーを楽しみたいのであれば、奥へは行かず、シンデレラ城両周辺に留まるがおすすめです。

土日のディズニーは体力勝負です!

歩くことを極力抑えることで、閉園ギリギリまで楽しむことが出来ます。

開園

キャラクターグリーティング

「ドリーミング・アップ!」

昼ご飯

キャラクターグリーティング

「ドリーミング・アップ!」

アトラクション

夜ご飯

エレクトリカルパレード

ブランニュードリーム

閉園

アトラクションは、夕方過ぎになると休日でも混雑がやや緩和する傾向にあります。

乗り物をメインに回りたい人は、ショーを捨てて、17時過ぎあたりから一気に回るのも良いと思います。

良い写真を撮影したい場合、「ドリーミング・アップ!」は午前も午後も見ておきたいですが、あくまでアトラクションをメインに回りたい方は、午後のみにし、開園と同時にファストパスを取得すると良いでしょう。




写真







 

もっと写真が見たいかたはこちら!

1 2