はじめに

LCC(格安航空会社)といえば、新幹線に比べて「安い」というイメージがあります。

往復の航空機の代金が安くなるなら、遠方からのディズニーも行きやすくなりそう。

しかし、航空券の料金だけで選んでも、時間や移動の面、不便さなどを考慮すると結果として高くついてしまうこともあります。

この記事では、LCCを利用してディズニーで楽しむに当たって、メリットだけでなく注意しなければいけない点をまとめました。

LCCバニラエアの機体 A320型機

LCCどうして安いの?

1日あたりの機体稼働回数を大手よりも多くする、座席間隔を狭くして定員を多くする、機材を統一化する、といった様々な工夫で運行経費を抑え、結果として安い運賃を提供しています。

LCCのビジネスモデルについては、それだけで何本の記事がかけてしまうので、この場では省略しますね。

LCCは路線にもよりますが、大手より3割~5割安く、セール運賃の場合はさらに安いことがあります。

上はLCCのバニラエア、下はFSCのANAのほぼ同じ時期の運賃比較ですが、LCCのバニラエアの方が、大手の半分以下の運賃であることが分かって頂けると思います。

 

海外線でも、例えば日本とタイのバンコクの場合、往復をフルサービスキャリア(FSCで往復すると5~6万円強かかるケースが多いですが、LCCを上手に運賃を組み合わせると往復で2万円強という破格の運賃で航空券を予約出来ることもあります。

会社やタイミングにもよりますが、搭乗日直前でも運賃はFSCより安い事が多いです。

 

ただし、FSCも当然セールすることがあり、必ずしも価格面でLCCが常に有利というわけではありません。

LCCは座席指定や手荷物、食事が有料のため、トータルで計算するとFSCの方が有利なケース、

あるいは、価格は同等にもかかわらず、リスクを加味するとLCCの方が劣ることもありえます。

したがって、利用する区間と航空運賃の相場を良く理解する必要があります。

関連リンク

《元キャストが教える!》意外と迷う、東京ディズニーリゾートへの行き方まとめ 東京駅の乗り換え方法も解説!【2018年9月更新】

《元キャストが教える!》展望デッキからパークが一望! ディズニーシーすぐそば、心も体も癒される、HOTEL EURASIA MAIHAMA(ホテルユーラシア)【2018年9月更新】

《元キャストが教える!》東京ディズニーシー おすすめ食べ歩きフード特集♪ チュロス・スモークターキーレッグ 他【2018年9月更新】

《元キャストが教える!》ダッフィー、ジェラトーニ、シェリーメイ、ステラ・ルーを買うなら!ガッレリーア・ディズニー【2018年8月更新】

《元キャストが教える!》ドリーミングアップ!内容・見どころからベストポジション、撮影のコツまで大公開!場所取りのコツは?【2018年9月更新】

《香港ディズニーランド》香港ディズニーランドの特徴とイベント情報・観光情報まとめ【2018年9月更新】

《元キャストが教える!》キャラグリ天国! 上海ディズニーランド感想まとめ & 現在の動向 アクセス方法・フード情報【2018年9月更新】