《新ハーバーショー》「イッツ・クリスマスタイム!」ハイライトシーンの解説 & 写真・動画を大公開!どこが一番見やすい?【2018年11月更新】

はじめに

2018年11月7日に、東京ディズニーシーでは、新しいハーバーショー「イッツ・クリスマスタイム!」が始まりました。

平日にも関わらず、パーク内は人で溢れ返っていました。

1秒でも早く見たい!という方のために、場所取りのコツをまとめましたので、是非ご覧下さい。

《元キャストが撮った!》ショーの流れが分かる!「イッツ・クリスマスタイム!」 スニーク写真集 ミッキー広場撮影【2018年11月更新】

おすすめの場所取りの位置

ベストショットを狙う場合は、とにかくミッキー広場ステージ正面!

なるべく前方を狙って下さい。

(一部抽選エリアになります)

そして、望遠レンズ必須です。

焦点距離は300mmは最低でも必要です。

 

このショーは、秋のハーバーショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」のように、バージが分散する感じではなく、

主要キャラクター・ダンサーが正面ステージに集中します。

リドアイル・ザンビーニ周辺の場所からも見れますが、かなり物足りなくなります。

ハイライトシーンの動画

このショーは約25分程度の長さです。

後半のハイライトシーンを是非ご覧下さい

《ディズニー・クリスマス》イッツ・クリスマスタイム!写真集 ミッキー広場前方から撮影【2018年11月7日・スニーク3回目】

《イッツ・クリスマスタイム!》2018年11月7日 スニークの様子【2018年11月更新】

カメラ機材・撮影のコツ

立ち位置にもよりますが、標準(50mm)と望遠(300mm以上)の焦点距離必須。

特に、クライマックスのシーンはシャッターチャンスを逃さないようにして下さい!

ラストは、ダッフィー&フレンズとサンタクロースが登場!

続いて、ミッキー・ミニー・プルートが加わります!

ここが一番のシャッターチャンス!

《新ハーバーショー》「イッツ・クリスマスタイム!」ハイライトシーンの解説 & 写真・動画を大公開!どこが一番見やすい?【2018年11月更新】

リストランテ・ティ・カナレット・レストラン櫻周辺の目線

完全に背後からの目線。

キャラクターも少し通過する程度です。

ザンビーニ周辺

ベストポイントではないけれど、まあみれるかな、といった感じです。

場所次第では、斜めではありますが、キャラもバッチリ撮れます!

スニークの様子

関連リンク

《元キャストが教える!》イッツ・クリスマスタイムのショーの流れ & 場所取りのコツ 東京ディズニーシー“ディズニー・クリスマス2018”レビューショー【2018年11月更新】

《元キャストが撮った!》イッツ・クリスマスタイム!写真集【2018年11月7日・スニーク2回目】

《イッツ・クリスマスタイム!》ベストポジションの確保方法と、待ち時間の目安・撮影のコツをご紹介!【2018年11月更新】

《イッツ・クリスマスタイム!場所取りガイド》カフェ・ポルトフィーノ周辺ポイント フロートが綺麗に撮影可能!【2018年11月更新】

関連記事