なかじまとの出会い

 

登場人物

僕・・・風間 2016年当時、仕事でディズニーをはじめとするテーマパークを撮影していた

三ツ木・・・風間の古き友人 中島と知り合いだが、僕とは面識が無かった。

中島(なかじま)・・・大阪出身。2016年当時、旅行や商品撮影をするフリーのカメラマンだった。

縁が有り、一緒にディズニーをはじめとする雑誌の撮影を行うようになる。

エピソード

当サイトの写真の多くは、中島が撮影している。

忘れもしない。彼とは2016年の冬にディズニーランドのパレード待ち時間のことだ。

この日、とある雑誌の仕事でパレードの撮影をしていたのである。

 

僕はディズニーランドのパレード撮影に向けて、三ツ木と座りながらカメラの準備をしていた。

すると後から中島がやってきた。

 

僕は中島のことを全く知らなかったが、彼は今朝三ツ木と会って一緒に撮影したということで、三ツ木とは親しげに話をしていた。

後で本人から聞いたのだが、彼は僕のことを知っていたらしい。

僕を知っていたにもかかわらず、彼は何の挨拶すら僕にかけなかったのだ。

 

「超感じ悪いやつ」

というのが僕の彼への第一印象だ。

 

その後、別の日のパレードで彼とまた出会った。

この時ばかりは向こうもバツが悪いと思ったのか、

「風間さんですか」

と、話しかけてきた。

 

当時、うちもだいぶ軌道に乗っていたので、そろそろ社員を増やそうかと他のメンバーと話をちょうどしていた。

でも新卒だと、写真を一から教えなくてはならないので、できれば経験者、しかもあまりお金が払えないので、若い人が良かった。

一応彼に名刺を渡し、「うちの仕事に興味があるなら、東京においで」と冗談で言っておいた。

 

そしたら翌週中島が上京してきた。

冗談が本当の話になり。あれよあれよという間に中島はうちの社員となった。

 

彼は大した奴だった。

当時まだ若い(22歳)のに、ディズニー写真に限らず、大型ストロボも使えて、商品撮影もできた。

人物写真の構図に難があったが、その年齢でここまでできる人間は珍しかった。

めっけもんだった!

 

仕事もこなし、酒も飲める、可愛いやつ。

だけどひとつだけ欠点があり、度胸がないのだ。

 

中島が入社してすぐの頃、池袋に飲みに行き、酔った勢いも有って、

軽いノリでじゃんけんで負けた方が女の子に声をかけようということになりじゃんけんをする。

当然僕は勝ち、中島が負けた。

 

しかし、中島は頑として女の子に声をかけることができなかった。

度胸が無い分、頭の固さは人一倍だった。

そんな中島も、2019年1月いっぱいで「ひろめま!」を卒業し、フリーとしてバリバリ働く予定である。

うちを卒業して活躍していく彼の姿を見るのは、とても楽しみである。

これからもぜひ頑張って欲しいものだ。

http://www.hiromema.net/2018/12/28/pht/