プロのカメラマンはどうやったら慣れるの?

このページを読んでいる若い方は、決して僕のようになりたいとは思わないだろうが、まれに変わった方もいらっしゃるのでまとめたいと思う。

いわゆるプロ写真家は、僕も憧れた職業で、長い年月をかけてようやく夢が現実のものとなった。

僕は大変幸せ者だと思っている。

 

日本大学芸術学部卒業後、たまたま写真事務所に入れたから運が良かったものの、そうでなかったら一体どうしていたことだろう。

それでも諦めない強い信念と行動力が、果たして僕にはあったのだろうか。

いや、あったに違いない!

いや、ないと困るわけなのだが・・・。

 

写真家になるためには、僕のように、既存の写真事務所にアシスタントとして入ることが一番の近道で、

しかし、現実的にはそうそういつでもアシスタントの空きがあるわけではなく、運良く入れた人でも、理想と現実のギャップに苦しみ、辞めていった人もいる。

 

「ひろめま!」にカメラマンとして入りたいという人が、年間に何人もの人から問い合わせが入るが、残念ながら採用に至ることは本当に一握りである。

でも、夢を諦めない硬い意志がありそうな人には、まずアルバイトから入ってもらい、仕事が任せられそうになってから、社員になってもらうことも実際には有った。

 

余談だが、東京で仕事をしておくことと、大型ストロボの使い方を覚えておくことは付け足しておこう。

華やかに見える写真家だが、残念ながらまだまだ趣味的要素も多い業界なので、好きな写真だけで生計を成り立たせている人はほぼ皆無と言っていいだろう。

 

夢を打ち砕くようで恐縮だが、それが現実だ。

もちろん僕らもそうで、テーマパーク以外の仕事もたくさん行っている。

だから写真家になったとしても、他の分野の写真もある程度は撮れないと正直話にならないのだ。

 

幸いにも、東京は出版社は多い。

そして、スマホが普及したとはいえども、写真の仕事は、わがままを言って選びさしなければある程度の需要はある。

地道に出版社などに営業をかけて、自分の得意分野以外でも仕事をもらい、それをまた実績にして、次の仕事につなげていくのが良いだろう。

さらにストロボが使えて商品や人が撮れるのであれば、より一層仕事の窓口が広がり、使う側も任せやすい。

最低限のライティングを覚えておけば、仕事をもらう確率もぐんと高くなるというわけだ。

 

そして合間を見て好きなものを撮り、それを雑誌や出版社や編集プロダクション広告代理店などに、新規開拓の営業していけばいい。

いきなり仕事をもらうのは難しいが、小さなことでも、コツコツこなしていけば、やがて大きな仕事に繋がっていくかもしれない。

 

よく勘違いされるのが、写真コンテストに入賞しているから、自分は写真が上手くプロになれると思っていることだ。

これは大きな間違いで、世の中そんなに甘くない。

現実問題として、写真の腕よりもその人のキャラクターの方が社会では重視されやすい。

ちなみに僕は写真コンテストの類には、今まで1度も入賞したこともない。最も応募していないせいもあるのだが・・・。

《ひろめま日誌》正社員採用エピソード ディズニー専門カメラマン なかじま登場!【2018年12月更新】