CV職応募の方で、この記事を見つけたあなたは、素晴しい!

よくサイトをみておりますね!

そんなあなたに、こっそりと面接対策を教えちゃいますね。

 

面接では、定型的な面接質問の他、雑談のようなカジュアルな質問も多くされ、お人柄やその方の思考をみておられます。

趣味、休日の過ごし方、過去に戻れるならばいつに戻ってどうする、この人には敵わない・勝てないと思った方はいるか、尊敬している方はいるか、友人から自分のことをどういう人間だと言われるか、学生時代について、、等。

また、応募書類では、全体の構成から誤字脱字表記のゆれまで細かくみておられます。

履歴書や職務経歴書に正解はありませんが、読み手のことを考え作成している書類は、基本的には読みやすく、誤字脱字表記ゆれがないはず。

それは、その方の仕事のあり方にも通じるものがあり、相手の立場になって考え、ニーズをキャッチし先回りして対策を講じることができるか否かが、仕事への姿勢・お人柄が出るものだとみています。

 

特に役員面接はリクルート出身で、仕事の質・スピード、クライアントへの姿勢・対応力は相当に高く、それがクライアントに喜ばれているポイントです。

CV職には特に仕事のクオリティを求めますので(勿論教育体勢充実していますが)、ワークライフありきの方はフィットしません。

残業時間こそ少ないものの、(実力が追いつかないのにワークライフ欲しいはNG、特に最初の3ヶ月)。

ご自身のパフォーマンスが追いつかない場合は、相応の努力や時間をかけて研鑽するマインドの方がフィットします。

 

頑張って下さい!