はじめに

オリエンタルランドの中途採用は比較的珍しい求人です。

殆どの社員をアルバイト+新卒正社員のいわゆる「新卒主義」のオリエンタルランドで、2018年9月現在中途の正社員を募集していることで話題になりました。

大手の転職エージェントに求人が出ているので、少しでも興味が有る方は迷わず応募してみると良いでしょう!

《元社員が教える!》オリエンタルランドの正社員経験(SV)して良かった点と悪かった点まとめ【2019年2月更新】




どんな職種?

現在、東京ディズニーリゾートでは、パークを新たなステージへ進化させる大切な時期を迎えています。

それに伴って、事業の要ともいえる「テーマパークオペレーション職(スーパーバイザー)」の採用に力を入れています。

SV(スーパーバイザー)は、簡単にいうとアトラクションの責任者です。

キャストをまとめたりといった重要な役割を行ないます。

どんな人が求められるか?

オリエンタルランドはホスピタリティをすごく大事にしています。

基本的に現場配属が予想されるので、当然仕事は立ち仕事でハードです。

そのような中でも、

「何をしたらゲストが喜んでくださるのか」

「そのためにはチームとして何をすべきなのか」

このようなことを常に考え、ゲストに寄り添って「最高の一日」をつくりだすことを一番に考えることが求められます。

大変ですが、大きなやりがいを感じることが出来るでしょう。

 

育成、指導、労務管理、予算・収益管理、店長、スーパーバイザー、プロジェクトマネジメント、時間管理が必要とされる運営業務の従事者が重宝されるでしょう。

原則転勤はありません。

 

余談ですが、テーマパークオペレーション職(スーパーバイザー)には4つの領域があり、基本的に選択可能です。

本部内配属先は、適性を踏まえ決定となり、入社後の本部を超えた異動は、通常発生いたしません。

エンターテイメント本部

エンターテイメントプログラム(ステージショー、パレード、キャラクターグリーティング等)の運営。

運営本部

アトラクション、パーキング、エントランスでのゲスト誘導、清掃、警備・防犯業務運営。

商品本部

商品販売施設運営。

フード本部

レストランなどの飲食施設運営。

からなり、やはりエンターテイメント本部が人気です。

オリエンタルランドの研修は大変であることを覚悟

オリエンタルランドの研修は、マナーだけでなく知識も求められるので相当大変です。

東京ディズニーリゾートが扱う商品や、施設、エンターテイメント全般は独自性が高く、固有名詞が多いので、新しく覚えていただくことが多岐に渡ります。

好きだから大丈夫だろうと舐めてかかる方もいるかもしれませんが、相当大変です。本当に大変です。

 

ただ一方で、各種研修制度を充実しているので、じっくりと学んでいくことができます。

中途ならではの経験を活かし、成長し活躍できる環境なのは間違い有りません。

オリエンタルランドの年収は?

オリエンタルランドランドは、正社員ながらも特別待遇が良い訳ではありません。

ただし、一般水準からして低すぎる訳でもありません。

最初の1〜2年はかなり年収が落ちることを覚悟して下さい。

3〜5年経験して年収が400万円〜500万円ですので、26歳に転職して、30歳で全国平均か少し高いレベルの年収になるかな、といった所でしょう。

残業や、休暇、福利厚生はかなり良い方だと思います。

選考フロー

オリエンタルランドの選考フローは、大手だけ有り、流れが決まっています。

下記をよくご覧下さい。

 

1 エージェントへ登録

2 エージェント経由でプレエントリーする

3 マイページのIDが仮発行され、ご登録のメールアドレスへ送信され

4 「OLCチャレンジシート」「総合能力検査」による書類選考 9月12日(水)~11月14日(水)10:00まで

5 選考会 11月28日(水)~12月1日(土)いずれかで、面接2回

6 内定・入社 入社は2019年4月1日を予定

 

募集期間が長く設定されており、10名〜20名程度の採用なので、倍率は新卒並です。

受かったらラッキーという温度感で是非チャレンジしてみてください!

《元社員が教える!》オリエンタルランドの正社員経験(SV)して良かった点と悪かった点まとめ【2019年2月更新】