レンズは実際3本有れば十分!

一眼レフのデジタルカメラはレンズの交換ができることが最大のメリットですよね。

ねらいと用途にあわせてレンズを使い分けることで、様々な表現が可能になります。

何本も交換レンズを持っていたとしても、それらを揃えるにはお金がかかりますし、使用頻度の高いレンズというのは自ずと決まってきます。

ちなみに私は交換レンズを15本ほど持っていますが ここ半年の間に全く使用しなかったというレンズも正直数本あります。

そんな経験から、交換レンズはとりあえず3本で良いのではという結論に至りました




では、実際何を持てば良いの?

その3本とは何かと言いますと、16-35mm, 24-70mm 70-200mmです。(必要に応じてテレコンを使います。)

各メーカーや レンズのF値の違い、デジタル専用かどうかなどによってこの若干異なりますが、おおよそ24mmから200mm(300mm)前後をカバーしていれば、

ほとんど場面で困ることは無いと思います。

 

若干画質が落ちてしまうのですが、最近では、1本でこの焦点距離をすべてカバーしているれんずも有ります。

レンズ交換のできないデジタルカメラでも、多くの機種は広角から望遠まで撮ることができるようになってきていますので、心配はいりません。

最近ではコンパクトデジタルカメラの弱点 だった、広角側にも強くなってきているので頼もしいですよね!




玄人向けラインナップ

・16-35mm

・24-70mm

・70-200mm

初心者向けラインナップ

・18-55mm

・55-250mm

・24mm(単焦点)




最近使っているレンズ

私が最近好んで使っているのが、「初心者向け」のラインナップのCanonの55-250mmと、24mm f2.8の単焦点のレンズを好んで使っています。

ズームレンズ3本のラインナップは、鉄道や飛行機を撮影する時に車に乗せて使うことが多いです。重いので。。。

一方、フットワークが要求されるディズニーでは、極力軽くて持ち運びに便利なレンズを使っています。

どちらのレンズも中古であれば2万円以内で買えるので、とてもおすすめですよ!

《プロが教える!》インスタ映え確実♪ 一眼レフですぐ撮れる「上手」と褒められるディズニー写真講座 初級編【2018年8月更新】

関連リンク

《元キャストが教える!》ディズニーランド スペシャルイベント ディズニー・ハロウィーン & 35周年 徹底攻略!【2018年9月更新】

《元キャストが教える!》ディズニーシー スペシャルイベント ディズニー・ハロウィーン徹底攻略!【2018年9月更新】

《中途正社員》オリエンタルランドが中途正社員を募集!テーマパークオペレーション職(スーパーバイザー) 年収は?【2018年9月更新】

《#手下2018》Mr.ダルメシアの紹介♪ ヴィランズ・ハローウィーン・パーティ(ヴィランズの手下)【2018年9月更新】

《香港ディズニーランド》香港国際空港から香港ディズニーまでのアクセス方法を分かりやすく解説!【2018年9月更新】

《速報》2018年香港ディズニーランドのハロウィーンデコレーションが最高に怖い件【2018年9月更新】

《元キャストが教える!》雨キャングリって実際どんな感じなの?2018年9月10日「スプーキーBooパレード」のスニーク2回目が中止に・・・。【2018年9月更新】