約1.9万人のアルバイトのうち2割を正社員に。年間9000人の離職を防げるか!?

皆さん、こんにちは。

私たちが東京ディズニーリゾートで一番お世話になるのが、キャストさん達ですよね。

質問をすれば丁寧に答えてくれ、また私たちゲストが安全で清潔なパークを快適に過ごせるように、日々尽力してくださっています。

そのキャストさんの多くは準社員と呼ばれるアルバイト雇用の方々で、その人数は約19000人と言われています。

オリエンタルランドは2019年2月に、このアルバイト雇用のうち3000〜4000人を2023年3月期までに正社員に登用すると発表しました。

この発表の背景にある問題と、この発表によって予想される変化を予想します。

キャスト側の悩み

前述の通り、東京ディズニーリゾートで働くアルバイトは約19000人。

しかしそのうち、1年間で約9000人が離職するとも言われています。

一体何故でしょうか。

 

まず第1に、安定しない収入です。

東京ディズニーリゾートのアルバイト平均月収は、手取りで約15〜6万円と言われています。

日中の時給だと、1000円〜1200円程度。

関東地方のコンビニバイトの平均時給が948円ですので、それより少し高いくらいですね。

資格が必要となるソムリエキャストでも1350円、ナースキャストでも1450円といった具合です。

 

しかも閑散期はシフトの希望を出していても休みにされてしまったり、途中で帰らされてしまったりと、思い通りに働けないことも多いです。

最近ではアルバイト用の寮や住宅補助等もありますが、なかなか首都圏で生計を立てていくには厳しいお給料といえます。

また「ディズニーでアルバイトをしていた」と言えば新卒市場では大変重宝されます。

《ディズニー裏話》 ディズニーキャストのアルバイトは、就職市場でとっても有利。その理由は?【2018年8月更新】

ですが、20代後半以降になってからの就職や転職市場においてはディズニーでアルバイトをしていたことはあまりプラスになりません。

接客業や飲食業等一部マイナスにならない業種もありますが、やはり「アルバイトしか経験がない」というのは、就職市場ではかなり不利です。

《緊急速報》繁閑で収入差の激しい準社員 オリエンタルランドが待遇改善 アルバイトの2割が正社員に!【2019年1月】

新卒を機にキャストを卒業、第二新卒から外れてしまう前にキャストを卒業、と考える人が多いのですね。

オリエンタルランド側の悩み

オリエンタルランド側としては、採用活動を行い、育てあげた人材が流出してしまうのはやはり痛手です。

加えてここ数年は深刻なキャスト不足が問題となっており、首都圏のみならず関西圏でもキャスト募集の交通広告を展開しています。

かといって19000人の時給を100円上げるだけで、毎時190万円も出費が増えることになりますので、簡単に時給を上げる訳にもいきません。

また2019年には東京ディズニーシーに新アトラクション、2020年には東京ディズニーランドに新エリアが開業予定ですので、現状以上の人材が必要となります。

アルバイト雇用の2割を正社員化の意味

このキャスト側の悩みとオリエンタルランド側の悩みに対し、オリエンタルランドが出した発表が「テーマパークオペレーション社員という雇用区分を新設し、アルバイトのうち希望者3000〜4000人程度を正社員化する」というものです。

《元キャストが教える!》夢の国を創るお仕事!オリエンタルランドの採用ってどうなってるの?(新卒・中途・正社員)年収は?【2019年1月更新】

こちらの記事でご紹介した「店舗総括職」に近い仕事内容になると考えると、現在店舗総括職の平均年収が418万円ですので、かなり給与面が改善されそうですね。

また社会人経験があるということで、キャスト側からすると転職のハードルが少し下がりそうです。

オリエンタルランド側からすると人材の流出も防げ、またスキルを持っている人間を新アトラクションや新エリアに配置することで開業に備えることが出来ます。

予想される課題

良いことづくめに見える発表ですが、課題も見えてきます。

キャスト側からすると「テーマパークオペレーション社員」は「時給が改善したアルバイトにとどまらないか」というのが懸念されます。

その後のキャリア形成において、生え抜きの社員等と比べて差が出てくるようであれば、結局は他社への人材流出に繋がってしまうと思われます。

またオリエンタルランドとしては、社員を一度に3000人も増やすことは会社として大きな責任を負うことになります。

アルバイトとは異なり、正社員は簡単に解雇出来ません。

また退職金や賞与等を考えると、支出もかなりのものになります。

 

非正規雇用を正規雇用にした優良企業だ!と株価が上がるか、

現在3300人の会社が一気に社員を倍にする…リスクが高い!と株価が下がるか。

発表があった2019年2月1日は前日比300円プラスの値をつけましたが、今後この方策が上手くいくか次第では株価に大きな影響を与えそうです。

まとめ

いかがでしたか?

今後のパーク運営にも大きな影響を与えそうな、雇用問題。

今後も発信される情報に要注意です!