はじめに

皆さんこんにちは!

今回は東京ディズニーシーで行われている主要なショーの中から2つを紹介していきたいとおもいます。

・マイ・フレンド・ダッフィー

・ハロー、ニューヨーク!

マイ・フレンド・ダッフィー

まずは「マイ・フレンド・ダッフィー」について、待ち時間や攻略をお教えします!

「マイ・フレンド・ダッフィー」は入園後左側を進み少し行った所にある、「ケープ・コッド・クックオフ」にて開催しております。

「ケープ・コッド・クックオフ」とは、ダッフィーやその仲間たちのスーベニアなどが売っているハンバーガー屋さんです。

このお店でショー待ちで人が並んでいるのを見たことあるよ、という方も多いのでは?

ケープ・コッド・クックオフとは?

「マイ・フレンド・ダッフィー」はディズニーシーのアメリカンウォータフロントに位置する「ケープ・コッド・クックオフ」で行われている食事をしながら見るショーです。

出演はミッキーやミニー、ダッフィーやその仲間達が出ます。

現在はダッフィーの仲間としてシェリーメイとジェラトーニが出演しており、シェリーメイの誕生と新しいお友達のジェラトーニと出会うお話がメインです。

屋内のステージショーなので天気に左右されずに、寒い時期でも暖かく快適に見れますよ!

鑑賞についての注意点

「マイ・フレンド・ダッフィー」ではシェリーメイ誕生のストーリーとジェラトーニとの出会いのストーリーがそれぞれ5分の休憩を挟んで繰り返し上演されています。

また、「ケープ・コッド・クックオフ」内に案内されてから1グループ45分の制限時間があるので、最高でショーを3回見られます。

(ショーの内容は2種類なので、どちらかのストーリーを2回見ることになります)

こちらのショーは自分のタイミングで退席可能ですので、45分経つ前に退席しても大丈夫ですよ!

待ち時間はどれくらい?

可愛いショーが癒されるショーですが、ダッフィーやその仲間がお好きな方も多く、週末には待ち時間が180分以上になることも………

時期によっては平日でも待ち時間は60分以上が当たり前となってきています。

狙い目は閑散期と呼ばれる1月中旬~2月上旬の時期の平日です。

平日も月曜日や金曜日など代休で休みに付けやすい平日でなく、水曜日や木曜日の中日を狙いましょう!

おすすめの時間帯は朝イチです!

 

アトラクションメインの多くの入園者は朝イチにファストパスを取りに行く場合が多いです。

パークが開園してから、すぐ「ケープ・コッド・クックオフ」に向かえば、確実に1回目のショーに間に合いますよ!

ハンバーガーなどの軽食を頂きながら見る可愛いショーは格別です!

癒しの詰まった「マイ・フレンド・ダッフィー」を効率よく見てみてはいかがでしょうか!

誰でも楽しめる可愛いショーなのでとてもおすすめですよ!

《元キャストが教える!》ダッフィーファン必見!「マイ・フレンド・ダッフィー」徹底攻略ガイド 新キャラの紹介も!【2018年10月更新】

《東京ディズニーシー》東京ディズニーシーで1番心温まるショー、マイフレンドダッフィーで癒されよう♪【2018年12月更新】

ハロー・ニューヨーク

次に「ハロー、ニューヨーク!」について解説します!

突然ですがニューヨークに行ったことはありますか?

 

本場のニューヨークさながらに、ニューヨークの魅力がたっくさん詰まったショーが東京ディズニーシーで上演されています。

そのショーの名は「ハロー、ニューヨーク!」

このショーを見れば、ミッキー達とニューヨークに行った気分になれますよ♪

どこで見ることが出来るの?

ハロー、ニューヨーク!を上演しているドッグサイドステージは、東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにあります。

トイストーリーマニア!やタワーオブテラーの近くにある、とても大きな船・S.S.コロンビア号の前なので、分かりやすいです。

1日に4~5回の公演が予定されていますが、最新の情報は当日キャストさんに確認してくださいね。

どれぐらい前に行けばよいの?

ハロー、ニューヨーク!はかなり人気のショーですので、パークの開園と同時に列に並ばれる方も多いです。

前方の見やすい席で見たい場合は、なるべく早めに列に並ぶ必要があります。

また席にこだわらない場合でも、土日であれば遅くとも1時間前には列がカットされてしまう可能性があります。

なるべく早めに列に並びに行くことをオススメします。

 

ショーを見るための列は、S.S.コロンビア号を正面に見て、右側(タワーオブテラーとは反対側)にまっすぐ進むと、 左側にステージ脇へと降りる階段がありますので、その階段を降りたところに並びます。

ベビーカーをお持ちの場合は、階段から先はベビーカーを持ち込むことが出来ませんので、 貴重品や必要なものをしっかりと持ってから、キャストさんに指定された場所にベビーカーを置いてくださいね。

列に並ぶ際は、グループ全員が揃っていなくてはいけません。 一度列に並んだ後は、お手洗い等で列を離れることは可能ですが、必ずグループの代表者1人は列に残っていてください。

列に並ぶ際は、レジャーシートや飲食物、そして防寒グッズなどをしっかり用意して、体調に無理のない範囲で並んでくださいね。

どこに座ればよいの?

ドッグサイドステージ内に案内されると、座席は自由席となっています。

見やすいのはやはり前方列ですが、立ち見最前列とステージが同じぐらいの高さとなっていますので、 写真にこだわりたい方やステージ全体を眺めたい方は立ち見でも楽しめると思います。

またオススメなのは通路脇のお席です。

各通路にはキャラクターが遊びにきてくれる場面もありますので、運が良ければ触れ合えることができます。

小さなお子様がいる場合は、お膝に座らせてあげるか、座席にブランケット等を畳んで置いて、お座布団のようにしてあげると少し見やすいかと思います。

 

また注意したいのは西日です。

時間帯や季節によっては、ステージを正面見て右側(待機列があった方角)からかなり強い西日が差してくる場合があります。

逆に陽の当たらない場所だと、昼間でも体感温度がかなり下がってしまうこともあります。

その時のお日様の具合から判断して、無理のない席を選んでくださいね。

登場キャラクター

登場キャラクターは

・ミッキーマウス

・ミニーマウス

・プルート

・グーフィー

・ドナルドダック

・デイジーダック

・チップ

・デール

です。

ミッキー、ミニー、プルートがS.S.コロンビア号の上方から降りてきて、ニューヨークの街に降り立つところからショーは始まります。

魚釣りがしたいドナルド、 公園でデートを楽しみたいデイジー、 ブロードウェイでショーが観たいミニーなど、みんなの憧れが沢山詰まったニューヨークの街を体感する、とても素敵なショーです。

 

グーフィーとダンサーさんのアクロバティックなヒップホップダンス。

ミッキーとミニーによる、ブロードウェイ顔負けのダンスシーン。

そしてチップとデールたちと一緒に楽しむどんぐり遊びは、ゲストも一体となってショーを楽しみます。

観終わった後には、まさにニューヨークを旅行した気分になっていること間違いなしです♪

待ち時間やショーの後にオススメ!

アメリカンウォーターフロントの美味しいフード&ドリンク ショーを待つ時間や、ショーの後、この時期はとても体が冷えてしまいますよね。

そんな時に体を温めてくれるのは美味しいアルコール!

ドッグサイドステージとタワーオブテラーの間あたりにある、大きな赤い小屋のような建物「ハドソンリバー・ハーベスト」では、 ホットカクテルや、おつまみに最適なベイクドポテトなどが販売されています。

またハドソンリバー・ハーベスト以外にも、「リバティ・ランディング・ダイナー」ではみそクリームスープや、ポークライスロールなど、 温まりやすく、手軽に食べられるフードやドリンクが販売中です。

もちろん、食べ歩きフード以外にもレストランが充実しているのが、アメリカンウォーターフロントです。

東京ディズニーシーの中でも屈指のこのグルメなエリア。

ショーの後も、ニューヨークを探索している気分で楽しんでくださいね!

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したのは2つになりますが、パークではこの他にもいろいろなショーやパレードが公演されています。

また、季節限定や期間限定のショーなどもあるのでぜひ観てくださいね♪

それでは良いディズニーライフを!