はじめに

皆さんこんにちは!

一眼レフを購入する予定だけど、何か他に買ったほうがいいものはあるの?

という方多いと思います。

また、もう既に一眼レフを持っているけど…って方でももしこれから紹介していくものをお持ちでなければ、これからぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

それではあると役立つアイテムを紹介していきたいと思います。

エレクトリカルパレードより

一眼レフを購入する時にあるといい物

一眼レフを初めて購入する時に選ぶ機種はエントリーモデルのレンズキットが多いと思います。

一眼レフはエントリーモデルでもそこそこのお値段します。

どうせなら大切に使っていきたいですよね?

それでは一眼レフを購入する時に一緒に買った方がいいアイテムを順に紹介していきます。

液晶保護フィルム

これはその名の通り液晶を保護するためのフィルムになります。

背面液晶に貼って傷をつけないようにするものです。

一眼レフを使ってみるとわかるのですが、背面液晶って意外と傷つきやすい箇所なんです。

ストラップで首から提げている時はベルトやボタンなどが当たりやすいです。

 

また、最近ではタッチパネル搭載の機種も増えてきているのでタッチする時にも傷がつく可能性があります。

落下の可能性などもあるので、貼っておくことをおすすめします。

値段もガラスフィルムでなければ1,000円程度で買えるのでぜひ一緒に購入してみてください!

レンズ保護フィルター

こちらはレンズの前面に装着するものになります。

レンズの前玉ガラスはレンズの中でも高価な部分になります。

特にレンズの口径が大きくなればなるほど恐ろしい値段になります。

ふとした時に指で触ってしまうかもしれませんし、水滴や埃が付着することもあります。

これを拭く時にレンズに傷がついてしまうこともあります。

ぶつけてしまったり落としてしまう可能性もありますね。

 

実際私の知人もレンズの先端部分をぶつけてしまったが、レンズ保護フィルターが割れただけでレンズは無傷だったということもあります。

プロの中にはレンズ保護フィルターをつけることにより画質が悪くなったり、フレアやゴーストが発生しやすくなるといってつけない人もいます。

ですが、ほとんどの人はそう感じることは少ないと感じます。

最近ではとても高性能なレンズ保護フィルターもありますので、初心者の方は特につけておいた方がいいかと思います。

安いフィルターはただのガラスになりますので、買うのであれば5,000円以上のフィルターをおすすめします。

この価格帯の物であれば撥水や帯電、防汚機能がついていますので、水滴や埃が付きにくくなるので手入れが簡単になりますよ!

 

私がよく使用しているのはマルミのEXUSというフィルターです。

また、レンズはそれぞれ口径の大きさが違うので格レンズに合わせたサイズのフィルターを購入する必要があります。

レンズの口径のサイズはレンズの前面や裏側などにφ77といった感じで表記されています。

ない場合はお手持ちのレンズを検索すれば公式サイトに書いてありますので検索してみてくださいね!

このφの右にある数字がレンズの口径の大きさになります。

これと同じサイズのフィルターを選んでください♪

レンズフード

これはよくレンズの先についているリング状のもののことです。

これをつける目的はフレアやゴーストを抑えるためです。

つけておくことでレンズの先端を傷つけないように保護する意味合いでもあると安心ですね!

フレアはレンズの前玉に逆光などで強い日差しの中で撮影した時に写真の一部または全体が白っぽくなることを言い、ゴーストは輪っかのような光や玉状の光が写る現象のことを言います。

せっかくの写真が台無しになってしまうこともあるので、これは絶対つけておきたいところです。

 

困ったことに、エントリー機のレンズキットにはこのレンズフードが付いていないことが多いです。

レンズ単品で購入すると、ほとんどのレンズには基本的に付属でレンズフードが付いています。

レンズフードの型番は分かりにくいと思うので量販店などで店員さんに聞いてみてください!

また室内など、日差しがなかったらつけなくていいんじゃない?と感じるかもしれませんが、どこから余分な光が入り込んでくるかわからないのでつけっぱなしにしておきましょう。

使わない時は逆さにつけておくと邪魔になりませんよ!

クリーニングセット

クリーニングセットといってもいろいろとあるので特に必要度の高いものを紹介していきたいと思います。

 

1.クリーニングクロス

これはメガネ拭きのようなものだと思っていただくと想像しやすいです。

特殊な素材でレンズを拭いても傷がつかないようになっています。

レンズの前玉などを拭く時はティッシュなどで拭くのはやめておきましょう。

 

2.レンズクリーナー

これは基本的にクリーニングクロスで落ちない汚れがある時に使用している方が多いです。

また、センサーに汚れがついてしまった時にも使用することができますが、私はセンサーの掃除は怖いので1年に1回程度メーカーに持ち込んで清掃してもらいます。

レンズクリーナーが染み込ませてあるクリーニングペーパーもあるので、そちらの方が簡単にクリーニングすることができると思います。

 

3.ブロアー

ブロアーは空気の力で埃を吹き飛ばす道具になります。

レンズのガラス面やカメラやレンズの細かい部分についた埃を吹き飛ばします。

レンズ交換の時にセンサーに埃がつくこともありますので、その時にも使用したりなどするので使う機会がかなり多いと思います。

ブロアーとクリーニングクロスは使うことが多いので常に持ち歩ければなお良しです!

この他にもいろいろなクリーニング用品がありますが、あまり使用することはないと思うので必要に応じて購入してみてはいかがでしょうか?

防湿庫

防湿庫はコンセントにつないで電気で湿度をコントロールできる金庫のような形のものになります。

この中でカメラを保管して、カメラをカビなどから守ります。

 

一般的に湿度が60%以上になるとカビの発生が増加すると言われています。

また、湿度が30%以下になるとカメラやレンズのゴムが劣化します。

そのため湿度を40%くらいで保っておくのがベストになります。

カビが発生すると写りに支障をきたします。

 

修理代もとても高価になるのでぜひとも保管する時は防湿庫で保管してみてください。

防湿庫を購入する時は今現在の機材の量よりも余裕があるものを購入しましょう。

いずれ機材が増えた時に入らなくなって購入し直しになることがあるからです。

 

おすすめメーカーは

東洋リビング

トーリ・ハン

になります。

 

この2つのメーカーは脱臭・抗菌・防カビ高価のあるシステムが搭載されています。

アナログ湿度計もついているので湿度管理が簡単です。

防湿庫の電気代は1日1円以下になりますので1ヶ月使用しても電気代は高くても約30円ほどになります。

 

防湿庫を検討したけど高くて予算オーバーなんて方はドライボックスを利用してみてください。

入れ物はなんでもいいですが密封できるものを使用してください。

カメラ専用のドライボックスは量販店なんかにも置いてありますし、Amazonであれば種類もたくさんあります。

これと同時に必要なのが湿度計と乾燥剤になります。

これを使って自分で湿度をコントロールします。

ドライボックスのデメリットは自分で湿度コントロールしなくちゃいけないことと、乾燥剤を定期的に交換する必要があることです。

私はこれがめんどくさいので東洋リビングの防湿庫を購入しました(笑)

まとめ

いかがでしたか?

ぜひ定期的にカメラのお掃除をしてみてくださいね!

大事なカメラ、ずっと大事にしてくださいね♪

(もし売る時が来ても綺麗な方が買取価格もいいですから(笑))

それではまたあいましょう!