はじめに

皆さん、こんにちは。今回はディズニーランドの各エリアについて、解説していきたいと思います。

なんとなく知っている方は多いと思いますが、実際に詳しく知っている人は少ないのでは?

そんな人のために解説していきたいと思います。

ワールドバザール

ディズニーランドに入ってすぐに見えてくる場所!!大きなアーケードが特徴です。

これから夢と魔法の王国へと訪れるゲストのみなさんを,お出迎えしてくれているような感じもしますね。

ここは、パーク内最大のお土産屋さんや軽食から座ってゆっくりご飯を食べれるところまで、ショッピング街としても人気の場所です。

また、屋根付きなので雨の日もゆったりとお買い物することができます。

《元キャストが教える!》ワールドバザールは日本だけ?!買い物やプロジェクションマッピング、食事も楽しめるワールドバザールで楽しもう!【2019年3月】

アドベンチャーランド

「冒険とロマンの世界」をテーマにしたアドベンチャーランド。

「カリブの海賊」や「ジャングルクルーズ」など、人気アトラクションがあるエリアです。ここは、アフリカ、南太平洋、南米、アジアなど熱帯の国々をイメージして作られています。

また、アドベンチャーランドは、3つのエリアに分かれていて、「カリブの海賊」付近の細い路地がメインの「ロイヤルストリート」、

「チャイナボイジャー」や「ボイラールーム・ハイツ」がある飲食店が建ち並ぶ「ダイニングエリア」、「ポリネシアテラス・レストラン」や「魅惑のチキルーム」がある「ポリネシアンエリア」があります。

ウエスタンランド

「古き良き時代のアメリカ」を再現したウエスタンランド。

ここは三大マウンテンと言われている「ビックサンダーマウンテン」があるエリアになります。

アトラクションをはじめ、レストランやショップには開拓者たちの夢とロマンが詰まったエリアでもあります。

また、「カントリーベアーシアター」付近は床が一段高くなっています。これはお店や施設の中に舞った砂が入らないようにする、砂除けの役割があります。

クリッターカントリー

小さな小動物たちが暮らす田舎をイメージしたエリア。

そのため、地面や壁をよく見てみると小さな小動物たちのかわいらしい足跡や手形が!!痕跡をたどってみると何か新しい発見があるかもしれませんね。

「スプラッシュ・マウンテン」があるのもこのエリアです。

パークの中では小さいエリアとなっていますが、魅力がたくさん詰まったエリアでもあります。

訪れるたびに違った体験ができるかも。

《東京ディズニーランド エリア紹介》アメリカ河の畔にあるクリッター(小動物)の住むエリア、クリッターカントリー【2019年3月】

ファンタジーランド

有名なディズニー映画をモチーフにした、メルヘンチックで華やかな雰囲気の「ファンタジーランド」。

お子様向けに見えますが、その世界観に大人も浸ってしまうようなエリアです。

シンデレラ城の後ろに位置するこのエリアはお城の城下町をイメージしてつくられているので、建物をよーく見てみると垂れ幕や旗など、にぎやかな感じがしますね。

歩いているだけでもその世界観に引き込まれてしまう、そんなエリアでもあります。

トゥーンタウン

ミッキーやディズニーの仲間たちが住む町「トゥーンタウン」。エリア内はカラフルで少し変わった作りの建物が多いのも特徴です。

また、ライドアトラクションより体験型のアトラクションが多いので、小さなお子様や家族連れの方も楽しめるところとなっています。

エリア内にある「トゥーン・パーク」は、ほかのところと違って床が少し柔らかめの素材なので、お子様も走り回って転んでしまっても大丈夫です。

トゥモローランド

宇宙開発技術を取り入れた近未来がテーマの「トゥモローランド」。ほかのエリアと違って、非現実的な世界が味わえるのも特徴です。

そのため、常に最新技術のものを取り入れようとしているので、アトラクションなどの入れ替えが激しいエリアでもあります。

また、「トイストーリー」や「モンスターズインク」といった子供向けの映画をテーマにしたアトラクションや「スターウォーズ」といった大人向けのものまで、

幅広い世代の人が楽しめるのもこのエリアならでは。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

簡単にですがすべてのエリアを紹介しました。もちろんパークにはまだまだたくさんの発見や魅力があるかもしれません。ご自身でパークに訪れた際に、探してみてください。

以上、初心者でもわかる、ディズニーランドのエリア解説でした!!

[写真は公式ホームページより引用しました]