はじめに

皆さん、こんにちは!

今回は2019年7月23日(火)グランドオープンが決定した「ソアリン:ファンタスティック・フライト」について復習をかねてのご紹介です!

海外ディズニーでも高い評価を受ける「ソアリン」が日本に初登場!

その上、日本オリジナルの新たなシーンも追加されているようなので、海外のソアリンを体験した方も楽しめるアトラクションとなっています!

「ソアリン:ファンタスティック・フライト」について

海外ディズニー版と同じ名前である「Soaring(ソアリン)」は元々、「鳥や飛行機などが高く舞い上がる」という意味です。

日本バージョンでは「Flight(フライト)」という単語がサブタイトルとして追加されたことで、より「空の旅」というイメージが湧きやすくなりました!

タイトル発表に合わせて、ソアリンのロゴマークも発表されました。

爽やかなブルーを基調とした、風を感じさせる滑らかな英文字がフライトをテーマにした本アトラクションにぴったりです!

「ソアリン:ファンタスティック・フライト」のバックグラウンドストーリー

メディテレーニアンハーバーの丘に、空を飛ぶという人類の夢を称える特別な博物館、ファンタスティック・フライト・ミュージアムがあります。

今日この博物館では、飛行の研究に情熱を注ぎ、未来を夢見て努力し続けた女性、カメリア・ファルコの人生を振り返る特別展が開催されています。

博物館を訪れたゲストは、さまざまな展示物を見ながら館内を巡り、カメリアの功績を称える特別展のギャラリーに入ります。

そこでゲストは、カメリアのスピリットとの不思議な出会いを体験し、最後にはカメリアが仲間とともに開発した空飛ぶ乗り物、ドリームフライヤーに乗り込みます。

「イマジネーションや夢を見る力があれば、時空を超え、どこにでも行くことができる」と信じていたカメリア。

その思いが込められたドリームフライヤーとゲスト自身のイマジネーションや夢を見る力が、ゲストを壮大で爽快な空の旅へと誘います。

(公式サイトより引用)

「ソアリン:ファンタスティック・フライト」の場所

東京ディズニーシー・メディテレーニアンハーバーになります。

イタリアン料理を提供している「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」前の道路を挟んだ向かいに本アトラクションはオープンします!

実際に足を運んでみると灰色の布に覆われ工事中となっており、ソアリンの大きさが伺えますね。

ソアリンは入園して左側にあり、アトラクションが少なく、人通りも少ない場所に位置するので、上手くパーク内の人が分散できそうですね!

オシャレなメディテレーニアンハーバーに合ったクラシカルな雰囲気を持つソアリンが出来るのはピッタリですね!

「ソアリン:ファンタスティック・フライト」のアトラクション概要

ゲストは、ライト兄弟が開発したようなクラシカルなパラグライダーを模したライドに乗り込み、壮大な空の旅へ出発します。

世界の有名な名所や緑の香りがしそうな大自然の中を、風や匂いを感じながら飛行します。

形式: シミュレータータイプ

体験時間:約5分(メインショー)

乗車定員:1シアターあたり87名

シアター数:2シアター

総投資額:約180億円

 

※ディズニー・ファストパス対象

※身長102㎝未満の方はご利用になれません

※「ハッピー15エントリー」の利用対象アトラクションとなります

ソアリンのアトラクションイメージとしては、東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ」や東京ディズニーシーの「ニモ&フレンズ・シーライダー」のような3Dを基調とし動きを加えたタイプのアトラクションとなっています。

ライドの前に設置された大型スクリーンに映し出される綺麗な映像と、リアルタイムで感じることのできる風や匂いによって、リアルなフライト体験をすることができます。

ソアリンは座席が画面に合わせ振動するタイプではなく、座席が天井から釣り上げられ動く形になっています。

ディズニーランドの「ピーターパン空の旅」をイメージすると分かりやすいかもしれませんね!

実際に釣り下がっていることで、大空を自由に飛んでいる感覚になり、よりリアルな飛行体験を味わうことができます!

まとめ

いかがでしょうか?

2019年7月23日のグランドオープンが待ち遠しいですね!